新型コロナウイルスの影響により、現地の施設等の運営状況は掲載時点と異なる場合がございます。事前にご確認をお願いいたします。

曼珠沙華を見に行くのに巾着田に行くときは平日がお勧め

お出かけ

曼珠沙華(ヒガンバナ)群生地として知られている巾着田。

画像は2019年9月と2013年9月に撮影した巾着田の様子です。
曼珠沙華の開花時期は、その年の天候によって大きく変わってきますので、事前に公式HPを参照されることをお勧めします。

例年9月頃に「曼珠沙華まつり」が開催されていますが、2020年は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、曼珠沙華まつりは開催中止となりました。

曼珠沙華群生地の様子

従来、巾着田には100万本の曼珠沙華が群生しているといわれていました。
ところが、最近、改めて調査したところ、500万本以上の曼珠沙華が群生していることが分かりました。


Nikon D300s+Ai AF Nikkor 24mm f/2.8D


Nikon D300s+Ai AF Nikkor 24mm f/2.8D


Nikon D300s+AF-S DX Zoom-Nikkor 18-70mm f/3.5-4.5G IF-ED

あいあい橋

巾着田の高麗川にかかる歩行者専用橋です。
全長91.2メートルの日本最大級の木造トラス橋です。
巾着田の観光シンボルとなっています。


Nikon D300s+AF-S DX Zoom-Nikkor 18-70mm f/3.5-4.5G IF-ED
Nikon D300s+AF-S DX Zoom-Nikkor 18-70mm f/3.5-4.5G IF-ED

春にはサクラや菜の花が、夏にはアジサイや蓮が、秋にはコスモスが見頃を迎えます。

巾着田について

基本情報

    • 所在地 埼玉県日高市高麗本郷125-2 〒350-1251
    • 電話番号 042-982-0268
    • 公式web http://kinchakuda.com/
    • 見学時間 午前7時〜午後5時
    • 定休日 なし
    • 見学料金 例年、曼珠沙華開花中は有料
    • 駐車場 あり(有料)
    • 撮影制限 曼珠沙華開花期間中の群生地内での三脚・一脚(ライトスタンド含)等使用禁止。

巾着田へのアクセス

曼珠沙華の見ごろの時期は、周辺道路が大混雑します。
特に、県道15号川越日高線は駐車場待ちの長い渋滞(5キロメートル以上)が発生し、渋滞通過に長時間かかります。

曼珠沙華の見ごろの時期、自動車で巾着田に行く場合は、平日に行くのがお勧めです。

自動車でのアクセス

  • 関越自動車道「鶴ヶ島」I.Cから14Km
  • 圏央道「圏央鶴ヶ島」I.Cから11Km
  • 圏央道「狭山日高」I.Cから8Km

バス・鉄道

  • バスの場合
    ・JR高麗川駅から国際興業バス、高麗駅経由飯能駅行に乗り「巾着田」下車徒歩約3分
    ・西武池袋線飯能駅から国際興業バス、高麗川駅行・埼玉医大国際医療センター行に乗り「巾着田」下車徒歩約3分
  • 鉄道の場合
    ・西武池袋線高麗(こま)駅から徒歩15分
    ・JR川越線・八高線高麗川(こまがわ)駅下車徒歩約40分 orバス(上記バス参照)

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました